GOOD MAN

いい人

Raynor:So I guess this is goodbye, Doc. I know you got a lot of cleaning up to do out there.
それじゃあ、ここでお別れだな、ドク。片付けないといけない事が沢山あるみたいだしな。

Hanson:We’ll manage somehow. I just hope you boys stay out of trouble. Those protoss are bound to be upset.
どうにかやってくわ。あなた達がトラブルに巻き込まれないように祈ってる。あのプロトス達が怒っているだろうしね

Raynor:Well, me and the protoss go way back. I’ve helped them out a few times… Figure they might cut me some slack.
いや… 俺とあのプロトス達とは昔からの付き合いでな。幾度かあいつらを助けてきたし… 少しは大目に見てくれると思う。

Hanson:You know, you could always stay here. Settle down, make a new start…
ねぇ、あなたならここに留まれるわ。腰を落ち着けて、新たなスタートを切って…

Raynor:(laughs) Guys like me don’t get second chances, darlin’. We just gotta finish what we begun.
俺のような男どもには二度のチャンスはないのさ、娘さん。自分達で始めた事のケリを付けに行くだけだ。

Hanson:You’re a good man, Jim Raynor.
あなたっていい人よね、ジム・レイナー。

Raynor:Hmph. I ain’t that good.
ふぅ… いい人なんかじゃないんだがな。