研究日誌【ザーグ】

Zerg 01-04

詳細

Stetmann Log: Entry 2103
ステットマンの記録: 第2103号

Zerg sample recovered by Raynor’s Raiders, 6.10.2504.
ザーグのサンプル。レイナーズ・レイダーズにより回収。2504年10月6日。

Sample appeared dead when brought in, including tissue necrosis. However, tests now reveal frantic cellular activity, and it is moving.
持ち込まれた段階では、サンプルは死んでいるようであり、細胞ネクローシスを起こしている。だがテストにかけてみると狂ったような細胞活動が認められ、しかも動いている。

This defies everything I understand about biology. I’m tracking massive generational changes in each cell. In the last hour, this thing has evolved more than humans did in 100,000 years.
こいつは僕が知っているあらゆる生物学に反しているかのようだ。細胞ごとに激しい世代交代が行われているのを追跡している。さっきの一時間で、こいつは人類が10万年かけた分よりも急速な進化を遂げたようだ。

If I can harness this, it could lead to huge military innovations for the Raiders.
もしこれを活用することができれば、レイダーズの軍事技術に大革命をもたらせるだろう。

Zerg 05-09

詳細

Stetmann Log: Entry 2139
ステットマンの記録: 第2139号

The recovered zerg sample is still growing. I introduced a protein solution. Might have been a mistake.
回収したザーグのサンプルは今なお成長している。今回はタンパク溶液を使ってみたのだが、もしかしたら間違いだったかもしれない。

At the cellular level, the sample shows strains of every known zerg creature–and many other strains that I don’t recognize. It will take a while to map it all, but I’ve already begun extracting data from an ultralisk cell, and I found a spore crawler cell that yielded data on its instinctive threat-recognition routines.
細胞レベルでは、このサンプルは既知のあらゆるザーグクリーチャーの形質を見せている―そして多くのまだ見たことのない形質も。それらをすべてマッピングするにはだいぶかかるだろうが、僕は既にウルトラリスク細胞のデータ抽出を済ませてしまった。それから本能的な脅威認識ルーチンを持つ、スポア・クロウラー細胞のデータも引き出せた。

Zerg 10-14

詳細

Stetmann Log: Entry 2247
ステットマンの記録: 第2247号

Recovered zerg sample continues to evolve. Clearly has motor function despite the lack of anything like a neural cortex. It’s giving off more heat than it could possibly be absorbing in that tank.
回収したザーグのサンプルは進化し続けている。神経系皮質のようなものが何もないにもかかわらず、明らかに信号伝達細胞の存在が見てとれる。おそらくタンク内で吸収するよりも多い量の熱を発散しているのではないだろうか。

I’m learning how some zerg burrow so well. It’s extremely sophisticated. They have billions of tiny muscles that vibrate at a low frequency, effectively loosening soil, crumbling rock, and snapping vegetation. They can “swim” through the ground. It’s not quite as fast as running, but it’s close.
僕はどうやってザーグがああもうまく地面に潜るのかわかりかけてきたところだ。あれは極めて洗練された動きなんだ。あれは低周波数で振動する無数の微細な筋肉を持っていて、効果的に土壌をほぐし、岩を粉砕し、植物を折り砕く。奴等は地面を「泳ぐ」ことができる。走るほどの速さではないにせよ、それに近い。

I can see a way to put this knowledge to good use.
この知識は役に立ちそうだ。

Zerg 15-19

詳細

Stetmann Log: Entry 2297
ステットマンの記録: 第2297号

The zerg sample has developed an ocular organ. Will limbs be next? There is a basic dichotomy to zerg cell reproduction. Type A cells throw off seemingly random mutations. Type B cells hunt down these mutations and destroy them. It’s survival of the fittest on the cellular level. Successful mutations thrive.
ザーグのサンプルは眼球器官を作り上げた。次は手足かな?ザーグの細胞生成にはシンプルな二項対立ルールがあるみたいだ。タイプA細胞は一見ランダムな変異を作り出す。タイプBはその変異を見つけて破壊する。これは細胞レベルにおける適者生存の法則なんだ。優れた変異の方が生き残る。

I used microscopic scrapings from the sample to test an electrical discharge field I’d been tinkering with for some time. The results were gratifying. As an interesting side effect, the zerg matter developed into a very dense but flexible material. This material could be used to reinforce the superstructure of those old Hercules-class cargo ships that Swann’s always trying to find a use for.
サンプルから顕微鏡レベルの小片を切り取って、一時よくいじくり回していた放電フィールドに放り込むテストを行ってみた。結果は素晴らしいものだった。興味深い副次効果として、このザーグ物質は非常に高密度かつ柔軟な素材を作り出したのだ。この素材はスワンがいつもやりたがっていた、往年のヘラクレス級輸送艦の上部構造を強化するのにうってつけだ。

I wish there were time to both pursue the discharge field and iterate on the hardened matter. I doubt there will be.
放電フィールドを改良する時間と、硬化物質の実験を繰り返す時間が両方あればいいんだけど。無理だろうな。

Zerg 20-24

詳細

Stetmann Log: Entry 2354
ステットマンの記録: 第2354号

The zerg sample has developed a large neural cortex. I’ve noticed it reacting to external stimuli, but in a very disturbing way. When it detects my presence, it stops moving. Is it trying to “play dead”? Can it react at that level?
ザーグのサンプルは大きな神経系皮質を作り上げた。こいつは外部の刺激に反応していることに気付いたが、かなり腹の立つやり方だ。こいつは僕の存在を感知すると、動くのをやめるんだ。「死んだふり」でもしてるのか?そういうレベルで反応できるのだろうか?

I noticed earlier that zerg alpha amino acids have unique R groups. I’ve run a full regimen on some. Results are stunning. Zerg aminos are able to combine dead cell matter with normal proteins to biosynthesize new cells. They don’t suffer generational cell degradation. Simply put, a zerg will never die of old age. They can constantly renew themselves, albeit with radically changing cell structure.
以前、ザーグのアルファアミノ酸は固有のRグループを持っていることに気付いた。そして今回全てのテスト項目を走らせ終わったんだが、結果は驚異的だった。ザーグのアミノは死んだ細胞物質を普通のタンパク質と混ぜ合わせて新しい細胞を生合成することができるのだ。彼等は世代間の細胞崩壊に悩まされることがない。わかりやすく言えば、ザーグは老衰で死ぬことがない。彼等は根本的に細胞構造を変化させられるにもかかわらず、常に自身を再生成し続けることかできるんだ。

We could never harness this for biological use with terrans: the results would be foregone and horrifying. But I wonder if I could alloy zerg tissue with some of our metals to make buildings that heal? The renewal process also throws off immense energy as a byproduct. Something there. I should see about harnessing that energy.
これは決してテランの生化学に応用してはいけないだろう。結果は目に見えているし、恐るべきことになる。でもザーグ細胞とある種の金属を合金にして、自己再生する建築物なんてものを作るのだったらどうだろう?またこの再生プロセスは副産物として莫大なエネルギーを生成する。これだ。このエネルギーを応用することも考えてみるべきかもしれない。

Zerg 25

詳細

Stetmann Log: Entry 2384
ステットマンの記録: 第2384号

The sample is trying to escape. I’ve detected several new acids in the nutrient solution. Over time, they will crack the tank. I wonder if Commander Raynor can post some marines down here? No; he’ll want to destroy it. I haven’t learned everything I can from this thing yet.
サンプルは逃亡しようとしている。栄養溶液の中に様々な新種の酸を発見した。時間が経てば、こいつらはタンクにひびを入れるだろう。レイナー艦長ならここに兵士を配置してくれるだろうか?いや、あの人は破壊しようとするだろうな。僕はまだこいつを自分の限界まで研究しつくしていないのに。

Breakthrough. I dosed some tissue with concentrated sigma radiation, and it slowed growth and movement severely. It would take a lot of work to safely deploy that much radiation on the battlefield, but it might be worth it.
大発見だ。細胞に高出力のシグマ線を当ててみたところ、成長速度と動きが著しく遅くなった。この量の放射線を戦場で安全に運用するためには相当苦労するだろうが、それだけの価値はあるかもしれない。

Another breakthrough, and this one scares me. I mapped my way through the DNA of some brain tissue, peering back thousands of years, and I isolated the strain from which the zerg Overmind was derived. Not enough to clone the Overmind, but I could follow this strand to gain insight into how it controlled the zerg.
またまた大発見だ。今度のは僕も恐ろしくなった。脳組織のDNAマッピングを進めながら、その数千年分の進化を見つめ返してみたわけだが、そこからなんとザーグのオーバーマインドに連なる形質を分離することに成功した。オーバーマインドそのものをクローンするのには十分じゃないが、このストランドを調べていけばどうやってあれがザーグをコントロールしているのかわかりそうだ。

研究限界に到達

[Tutorial] Visit the Lab 【ラボに行こう】

You have received an important message from the Moebius Foundation. You can read the message on the Research Console in the Laboratory.
メビウス財団から重要なメッセージを受け取りました。研究室の研究コンソールでメッセージを読むことができます。

メビウス財団からのメッセージ

Message from the Moebius Foundation
メビウス財団からのメッセージ

Mr. Raynor,
レイナー様へ

You have obviously reached the limit of what you can learn from zerg bio-samples. We would be happy to purchase any future samples you find for 10,000 credits per sample.
あなた方は明らかにザーグの生体サンプルから学べる限界に達したようですね。私共は今後発見されるサンプルを、一体につき10000クレジットにて喜んで購入いたします。

Check this console if you find any further bio-samples, and the funds will be instantly wired to your account.
新たな生体サンプルを発見されましたらこのコンソールをご覧下さい。代金はただちに口座にお振り込みいたします

-Dr. Narud
ナルード博士

売却メッセージ

You have sold your excess protoss relics to the Moebius Foundation for 10,000 credits per relic.
余った生体サンプルを一個10000クレジットでメビウス財団に売却しました。

[Tutorial] Selling Bio-samples -【生体サンプル売却】

The Moebius Foundation will pay 10,000 Credits for every Zerg Bio-Sample you find from this point forward.
Check the Research Console in the Laboratory when you bring new Bio-Samples back to the Hyperion, and funds will be instantly wired to your account.
これ以降、あなたが生体サンプルを見つけるたびにメビウス財団は10000クレジットを支払ってくれます。
新しい生体サンプルをハイペリオンに持ち帰ったら研究室の研究コンソールをチェックして下さい。代金はただちに口座に追加されます。