旧インストーラー(SC1の話)

※このINSTALLERはWings of Libertyをインストールする際に流れた動画で、StarCraftの第1作目の時代背景をなぞったものです。

Adjutant

Adjutant:Centuries ago four prison ships from Earth veered off course and journeyed deep into the remote Koprulu sector. There they crash-landed on the planets of Tarsonis, Moria, and Umoja.
数世紀前、地球を離れた4隻の囚人船が進路を外れ、コプルル星域の奥深くへと姿を消しました。彼らは3つの惑星「タルソニス」「モリア」「ウモジャ」に不時着しました。

Adjutant

Adjutant:Cut off from Earth, the survivors established colonies throughout the sector. The largest, Tarsonis, was founded by a powerful yet increasingly oppressive government called the Confederacy.
地球と隔絶されたことにより、生存者たちは自分たちのコロニーをその地に設立しました。最大のコロニーは惑星タルソニスにあり、強力であると同時に圧政的な政権で「連邦」と呼ばれていました。

Adjutant

Adjutant:Spurred by the terrible acts of this government, Arcturus Mengsk formed the Sons of Korhal. This rebel army fought to overthrow the Confederacy and liberate the Koprulu sector.
この恐怖政治に追い立てられ、アークトゥルス・メンスク率いる反政府軍『コーハルの息子達』が生まれます。この反政府軍は「連邦の打倒」と「コプルル星域の解放」の為に戦い始めました。

Adjutant

Adjutant:Even as Mengsk and his resistance fighters fought to overthrow the corrupt Confederacy, a much greater threat confronted the terrans.
メンスクと彼のレジスタンス兵が腐敗した政府を転覆させる為に戦っていた頃、テランはより重大な脅威と直面していました。

Adjutant

Adjutant:Without warning, massive alien warships appeared and surrounded the Confederate planet of Chau Sara. Calling themselves protoss, the aliens incinerated the planet’s surface and then mysteriously withdrew.
前触れもなく異星人の巨大な戦艦が現われ、チャー・サラの連邦惑星を包囲したのです。プロトスと名乗る異星人は惑星の表面を焼き払うと、何故かそのまま引き上げていきました。

Adjutant

Adjutant:The planet had been infested by another type of alien: the zerg. These monstrous creatures threatened to overwhelm terran space, and the protoss sought to eradicate them before they spread.
なぜならその惑星がザーグと呼ばれる原始的なエイリアンによって感染していたからです。このおぞましい生物はテランの宇宙域を飲み込む恐れがあり、プロトスはその感染が広がる前に根絶やしにするために襲来しに来ていたのです。

Adjutant

Adjutant:The zerg had already reached the neighboring planet, Mar Sara, and Marshal Jim Raynor fought to save the terrified colonists as the Confederate government abandoned them to the alien menace.
しかしザーグはすでに隣接する惑星マー・サラにまで達しており、そして連邦はコロニーの住民を見捨てたため、保安官ジム・レイナーは住民を守るために戦いました。

Adjutant

Adjutant:The Sons of Korhal intervened, saving thousands of lives from the rampaging zerg and enigmatic protoss. Disgusted by the Confederacy, Raynor joined the rebels and met Sarah Kerrigan.
反政府勢力「コーハルの息子達」は、暴虐なザーグと謎めいたプロトスから数千もの人命を守るために介入。政府に嫌気が差したレイナーは反政府勢力に参加、そしてサラ・ケリガンと出会います。

Adjutant

Adjutant:Kerrigan was a former Confederate ghost operative, and she shared Raynor’s desire for a liberated Koprulu sector. They grew close as the battle with the Confederacy escalated.
ケリガンは連邦のゴースト部隊員で、コプルル星域の解放というレイナーの夢に共感しました。二人は連邦との戦闘が熾烈になるにつれ、次第に親密になっていきます。

Adjutant

Adjutant:But Mengsk went too far in his hatred and ambition. He ordered devices placed on the Confederate capital world of Tarsonis to lure the zerg and annihilate the population.
しかしメンスクは自身の憎しみと野心によって変貌してしまいます。彼はザーグを誘き寄せる装置をタルソニスの連邦首都に設置し、住民もろとも虐殺する命令を下しました。

Adjutant

Adjutant:The protoss, led by Executor Tassadar, decided to help the Terrans defeat the zerg instead of purging the planet of life. Mengsk sent Kerrigan to stop Tassadar’s interference.
一方、執政官タッサダールが率いるプロトス達は、惑星に生きる生命ごとザーグを抹殺するのではなく、テラン自らがザーグを撃ち倒す様に手助けすることを決意。メンスクはタッサダールの介入を阻止すべくケリガンを派遣しました。

Adjutant

Adjutant:With Kerrigan battling the protoss, the zerg overwhelmed Tarsonis and decimated the population. Having achieved his goals, Mengsk left the planet and abandoned Kerrigan to the aliens.
ケリガンがプロトスと争っている間に、ザーグは惑星タルソニスを飲み込み虐殺の限りを尽くしました。目標を達成したメンスクは、ザーグが押し寄せる戦場にケリガンを置き去りにし、惑星を去ってしまいます。

Adjutant

Adjutant:Sickened by Mengsk’s treachery, Raynor quit the Sons of Korhal. He raced to the planet’s surface to save Kerrigan, but was too late: no trace of her remained.
メンスクの裏切りに失望したレイナーは、コーハルの息子達を離脱。ケリガンを救うべく惑星に駆け付けたものの、時既に遅く彼女の痕跡は途絶えていました。

Adjutant

Adjutant:Having destroyed the Confederacy, Mengsk crowned himself emperor of the newly formed Terran Dominion; a government that would prove to be just as corrupt as its predecessor.
連邦を破壊したメンスクは新たに樹立したテラン・ドミニオンの皇帝として君臨。その政権は前任者と同じくらい腐敗していることが明らかになります。

Adjutant

Adjutant:Raynor mourned the loss of Kerrigan and vowed revenge. Unbeknownst to him, however, the zerg hadn’t killed Kerrigan. Instead, they took her to the volcanic planet of Char.
レイナーはケリガンの死を嘆き、復讐を誓います。しかし彼は知らないのです。ザーグはケリガンを殺しはせず、灼熱の惑星チャーに運んでいたのです。

Adjutant

Adjutant:On Char, Kerrigan was transformed into the alien Queen of Blades. She became a being of immense psionic power, loyal to the Overmind, ruler of the zerg Swarm.
惑星チャーに運ばれたケリガンは「刃羽の女王」と呼ばれるエイリアンへと創り変えられてしまいます。超常の能力を会得し、ザーグの支配者たるオーバーマインドに忠誠を誓う存在となっていたのです。

Adjutant

Adjutant:Separate from Tassadar’s forces, another protoss faction emerged from the shadows. Zeratul and his dark templar sought to end the zerg expansion through stealth and the power of the Void.
タッサダールの軍勢とは違う別のプロトスの一団が闇より現れます。ステルス能力とヴォイドの力を以ってザーグの侵略に終止符を打とうと考えた、ゼラトゥル率いるダークテンプラー達です。

Adjutant

Adjutant:The two protoss forces joined together against the Swarm, but the Overmind was able to discover their secret homeworld of Aiur. The zerg quickly invaded, and the Overmind embedded itself in the planet’s surface.
二つのプロトス勢力はザーグに対抗するために互いの手を組みます。しかしその間にオーバーマインドは、プロトスがひた隠しにする彼らの故郷「アイラ」を発見してしまいます。ザーグはすぐさま侵攻し、オーバーマインドはその惑星の表面に自身の根を下ろしてしまいます。

Adjutant

Adjutant:Zeratul taught Tassadar how to combine his powers with those of the Void. Tassadar fused those energies into his ship, and crashed it into the gargantuan Overmind, destroying it utterly.
ゼラトゥルはタッサダールに、彼自身の力と虚無の力を融合する術を教えます。タッサダールは二つのエネルギーを彼の船に融合させ、それをオーバーマインドの巨体に衝突させることで完膚なきまでに破壊することに成功します。

Adjutant

Adjutant:Despite Tassadar’s sacrifice, the protoss on Aiur were forced to seek refuge on the dark templar homeworld of Shakuras. With the Overmind destroyed, Kerrigan assumed control of the zerg.
しかしタッサダールの犠牲をもってしてもアイラのプロトス達はダークテンプラーの故郷シャクラスに避難せざるを得ませんでした。またオーバーマインドが破壊されると、ケリガンがザーグのコントロールを掌握しました。

Adjutant

Adjutant:Raynor began a resistance movement against the oppressive Dominion. In retaliation, Mengsk deployed his greatest weapon — propaganda — to marginalize Raynor’s efforts and paint him as a terrorist.
レイナーは圧政的なドミニオンに叛旗を翻し抵抗活動を始めます。メンスクはレイナーの活動を封じる強力な武器――プロパガンダを流して彼の活動を排斥し、テロリストの汚名を被せました。

Adjutant

Adjutant:It is now four years later. Kerrigan and the zerg have remained ominously silent. Meanwhile, the Dominion has grown in power and extended its influence throughout the Koprulu sector.
そして4年後の現在。ケリガンとザーグは不気味なほど沈黙を守っています。その間、ドミニオンは勢力を伸ばしコプルル星域全体に影響力を拡大させています。

Adjutant

Adjutant:Raynor and his forces, plagued by low morale and lack of resources, continue their struggle against the Dominion. Victory against Mengsk, however, seems more distant than ever….
レイナーと彼の軍勢は、低い士気と資源不足に苦しみながらもドミニオンとの抗争を続けています。しかしメンスクに対して勝利を収めるには、程遠い状態となっているのです…